ドクター

更年期障害の治療は専門的な病院で|放置せずにしっかり改善しよう

再発しやすい

手

治療が困難と言われている肺がんには、いくつか種類があり、それによって治療法が異なります。代表的な施術としては、外科手術や放射線治療、抗がん剤治療などが挙げられます。がん細胞がリンパまで進行すると、再発の可能性が高まるので注意しましょう。

もっと読む

快適な老後を過ごす方法

頭を触る女性

落ち着ける環境を得ること

更年期障害とは、加齢によって女性ホルモンの分泌がアンバランスになることで様々な不調を感じることを言います。40代から50代の女性に多いですが、まれに男性に発症することもあります。更年期障害は、病院で治療をすることも可能ですが自分自身が落ち着いて過ごせる環境を見つけることが大事です。家の生活環境を変えたり、新しいことに挑戦したり、趣味を充実させることも大切になります。自分自身が落ち着いてゆっくりと過ごせる空間を確保することが一番の治療法になると言えます。症状が長引く場合や辛い場合は病院を受診した方が良いですが、それと同時に自分で出来る対策も行っていくことで症状の改善につながるようになると言えます。

ホルモン補充療法が中心

更年期障害の治療法は、主に三つありホルモン補充療法と漢方薬を使った療法、精神安定剤や睡眠導入剤などの薬物療法があります。その中でも、特に代表的な更年期障害の治療と言えるのがホルモン補充療法になります。ホルモン補充療法とは、不足している女性ホルモンを補うことで体の不調を改善するというものです。ホルモン補充療法を受けることで、のぼせや発汗、動悸などの不調が改善されやすくなるだけでなくコラーゲンが増えることで肌にハリが生まれコレステロール値を下げて骨粗鬆症の予防にもなります。治療法に関しては、どれか一つの治療法を選ぶこともありますがいくつかの治療法を合わせて行うこともあり症状によっても違ってきます。

骨に発生する癌

シニア女性とナース

癌の中でも、10代から20代の若者に発症者が多いのが、骨肉腫です。ひざや肩の関節に発生する率が高く、継続する痛みが特徴となっています。そのため、筋肉痛だと思っていたのが骨肉腫だったというケースが見られます。治療は、薬物と手術の両方で行われます。しっかりと検査を行った上で、治療を行いましょう。

もっと読む

お世話になる頻度が高い

診断

大阪で一般的な通院スタイルとして、梅田にセカンドオピニオンを持つことが挙げられます。自分の住んでいる場所にメインの主治医を持っておき、万が一のセカンドオピニオンとして梅田のクリニックに通っている方が少なくありません。

もっと読む