再発しやすい|更年期障害の治療は専門的な病院で|放置せずにしっかり改善しよう
ドクター

更年期障害の治療は専門的な病院で|放置せずにしっかり改善しよう

再発しやすい

手

受動喫煙も問題

肺がんの主な原因は喫煙で、日本で志望者数の多い病気です。日本では男性の喫煙率が欧米に比べて非常に高く、問題視されています。喫煙者の煙を周りの人が吸ってしまう受動喫煙も問題になっており、家庭内で夫が喫煙し、タバコを吸わない妻や子どもに害が及ぶケースが増えています。受動喫煙の環境にあると、そうでない場合に比べて肺がんの発症リスクが1.2から2倍増加することがわかっており、現在、国を挙げて禁煙外来の受診を勧めているところです。肺がんは、治療の難しいがんで、治療法は肺がんの種類と病期で決まります。主な治療には、手術、放射線、抗がん剤があります。リンパ節転移がある場合、再発しやすいがんになっています。家族の健康のためにも禁煙は必要です。

早期発見へ

肺がんの患者のうち約4割に手術が行われ、そのうち約半数にがんの再発がみられます。肺がんは、第1ステージの早期発見で速やかに治療を開始しなければ、根治しづらい病気なのです。細胞の増殖が速いため、非常に転移しやすく、手術での切除も難しい特徴があります。肺がんには2つの種類があり、進展型と限局型に分けられます。進展型の小細胞肺がんは、抗がん剤での治療が主となります。限局型は、がんの範囲が片方の肺とその周辺に留まっているがんで、主に放射線治療と抗がん剤での治療が行われます。最近では、検査方法も進歩しています。肺の内部にあるがんを特殊な光を当てることで発見できる技術が開発されているのです。早期発見にもつながっています。